« 8月1日、今年は灯ろう流しに。 | トップページ | 2010長岡花火。今年も平和への祈りとNagaokanの誇りを胸に! »

2010年8月 4日 (水)

東武東上線の終点は長岡!?

池袋から埼玉県の寄居までを結ぶ東武鉄道の路線、東上線。首都圏の私鉄線としては比較的のどかな車窓風景が楽しめることでも有名です。

この東上線、実は当初、長岡を終点として計画されていたそうです。東上線は大正3年の開業当時、東上鉄道という私鉄の路線だったとのこと。実際にこの路線の第1期免許区間は東京から川越、高崎経由で渋川まで、そして第2期免許区間はその先「越後長岡ニ至ル鉄道」となっています。つまり、東上線は実に全長約240kmを計画する幹線鉄道路線だったのです。そもそも東上線の名称は「東京と上州方面を結ぶ鉄道」という意味だとか。

これがその後の国などによる鉄道整備(上越線の建設等)や社会情勢の変化などにより、結局現在の「(埼玉県)寄居が終点」で落ち着いた、とされています。

歴史に「もし」はありえませんが、もし東上線が計画通り整備されていたら、東京での新潟方面の玄関口は、上野や東京ではなく(いまの山梨や松本方面の玄関口が新宿であるように)池袋だったかもしれませんね。

« 8月1日、今年は灯ろう流しに。 | トップページ | 2010長岡花火。今年も平和への祈りとNagaokanの誇りを胸に! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東武東上線の終点は長岡!?:

« 8月1日、今年は灯ろう流しに。 | トップページ | 2010長岡花火。今年も平和への祈りとNagaokanの誇りを胸に! »

[調整中]

無料ブログはココログ